Assortment Planning | 1 min read

品揃え計画:小売在庫の最適化方法

assortment planning how to optimize retail inventory
Jin Hyun

By Jin Hyun

品揃え計画は、企業が独自の小売販売データに基づいて、より正確な在庫管理システムを作成するための効果的な小売戦略です。

品揃えの計画は、単に在庫を並べ替えたり補充したりする以上のものです。これは、適切なタイミングで適切な製品を選択し、最適なレベルでそれらを注文するために、市場の需要と傾向を考慮する必要があります。

成功した計画は、慎重に特定のアイテムの現在の需要を観察し、販売している製品を評価し、それに応じて商品を計画することを含みます。品揃え計画戦略に効果的な小売事業は、変化する需要を満たす製品を選んで販売することで、より安定したキャッシュフローと利益率を高めます。

小売業の成功のために品揃え計画が重要なのはなぜですか?

小売販売の機会を最大化するために、品揃え計画プロセスは、企業が利益を増やすための経路です。これは、店舗内消費者の40%が、オンライン顧客のわずか25%とは対照的に、彼らが当初意図していたよりも多くの支出を終わるとして、物理的な店舗を持つ店舗に特に当てはまります。

したがって、販売コンバージョン率を最適化するために、品揃えの計画は、考慮に次のような要因の複雑なセットを取る必要があります。

  • 製品の価格ポイントと一括注文の節約
  • 製品の
  • 保存期間物理的なスペース使用量 (製品の
  • 寸法や比率など)
  • 店舗レイアウトとビジュアル表示
  • 成長目標
  • プロモーションと並べ替えポイント
  • 現在の小売需要(ファッショントレンドなど)。
これらの要素をすべて考慮するのは複雑ですが、小売業者は慎重に品揃えを選択することで、財務実績と顧客満足度を同時に向上させることができます。ビジネスが実店舗で様々な人気商品を運んでいる場合、顧客はショッピングのニーズを他の場所で探す必要はありません。

また、品揃えの多様性を増やすと、新しい商品の取り扱いに関連する持ち運び費、保管費、労働関連費など、在庫コストも増加する可能性があることも覚えておくことが重要です。したがって、多様性と最適な在庫量との健全なバランスを取ることが重要です。

品揃え計画を成功させるための7つのヒント品

n a 7283

を成功させるための7つのヒントは、品揃え計画を成功させるための7つのヒントです。品揃え計画を成功させるための7つのヒントは、変化する市場の需要に焦点を当て、あらゆる規模および業界の小売事業が売上を活用する方法を示しています。

1.明確な目標を設定する
ビジネスは、最終的な目標が何であるかを明確にする必要があります。財務目標は通常、利益を基本目標とする優先順位を付けます。そこに着くためには、毎月または毎年目標に達する数値を設定することは、小売品揃えの明確なプロジェクト管理計画を持つことが重要です。

2.履歴データの評価
過去の小売分析の売上傾向を調べると、将来の商品を計画する際に考慮すべきベンチマークがビジネスに与える可能性があります。実際の製品の性質だけでなく、店内でどのように表示されたか、場所、商品が人気だった季節、顧客の要求を理解し、将来の販売戦略を知らせるためのその他の指標など、トップセラーがなぜそんなに売れているのかを考えてみましょう。

3.顧客決定ツリー
顧客決定ツリー CDT と呼ばれる顧客決定ツリーは、顧客が同じカテゴリの製品をどのように評価し、購入決定に到達するかを洞察する製品階層です。この階層を理解するには、品質、素材、サイズ、色など、購入者が商品で優先する要因を分析する必要があります。品揃え計画では、CDTは、顧客の意思決定に影響を与える視覚的なマーチャンダイジング計画の戦略を立てるときに特に役立ちます。

4.
デパートなどの大規模なマルチチャネル小売業者の場合、クラスタリング方法を使用して類似店舗をグループ化することで、品揃えの計画プロセスを簡素化できます。これらの店舗は、同様のパフォーマンス特性または顧客人口統計、店舗サイズ、場所の気候などの要因に基づいてグループ化されます。これにより、企業は、それらの顧客の共通のニーズに対処するために、全体としてグループ化されたクラスタの需要に基づいて品揃え計画を立てることができます。

5.クロスマーチャンダイジングの活用
この方法では、類似する製品カテゴリに属する商品をクロスプロモーションするために、補完的なディスプレイと店舗スペース計画を作成します。追加のヒントは、これらの品揃えの決定に基づいて販売データを観察することです。企業は、販売傾向を分析して、同じトランザクションで購入されることが多い製品を特定し、これらの品目をまとめて表示できます。

6.インパルス購入を活用する
小売業界で行われた多くの購入は、実際にインパルス購入です。戦略的な品揃え計画は、購入時点の近くに(レジスターで)在庫を配置したり、他のトップセラーの近く、または最も密度の高い店舗エリアに配置するために使用できます。目標は、小型で安価なアイテムで買い物客の注目を集めることで、この在庫を素早く移動できるようにすることです。

7.バランスの取れた努力は、
あなたのビジネスの製品の品種(サイズ、バリエーション、カテゴリーなど)を考慮してください。また、多様性に対する消費者の好みを逃さないように、一方向に傾きすぎないように注意してください。競争力のある価格とバランスの取れた製品ミックスを持つことは、品質や利益率を犠牲にしないので、インテリジェントな計画アプローチです。

品揃え計画ツール

n a 7284

強力な品揃え計画戦略により、 在庫管理 がよりスムーズに実行されることは明らかです。小売業界では、成功した商品計画は、あらゆる機会を最大限に活用することで、利益を最大化することができます。しかし、これを効果的に実行するには、企業は在庫数と回転率を明確に把握する必要があります。

在庫管理ソフトウェアは、品揃えの戦略に必要なデータに自動的にアクセスすることで、このプロセスを簡素化できます。このソフトウェアは、POSシステムと統合することにより、最適な価格戦略のための販売動向と手段を明らかにする在庫レベルに関する最新かつ即時のレポートを提供することができます。