Inventory Reconciliation | 1 min read

在庫調整への5つのステップ:時間とコストを節約する方法在庫

5 steps to inventory reconciliation how to save time and money
Chloe Henderson

By Chloe Henderson

が不足していると、企業にとって重大な財務上の結果につながる可能性があります。したがって、在庫調整は、在庫の正確性を判断する上で非常に重要です。

在庫調整は、ビジネスの在庫管理システムの効率性をチェックするために不可欠な保守ルーチンです。

在庫の調整は、出荷や取引から在庫が絶えず変動する小売業にとって特に重要です。在庫レポートと物理的な 循環カウント を裏付けることで、正確性が保証され、在庫管理ミスも防止されます。

在庫調整

在庫調整の効果は、実地棚卸数を定期的に取得し、それをビジネスのデジタル在庫記録と比較する練習です。レコードが一致しない場合、これは株式の不一致の存在を明らかにし、対処する必要があります。
不正確さの一般的な原因は次のとおりです。

  • 内部/外部の盗難
  • 在庫ソフトウェアの欠如
  • ヒューマンエラー
  • 不適切なサイクルカウント

在庫収縮は、残念ながら製品ベースのビジネスにとって一般的な現象です。実際、アメリカの平均小売業者は 1.38% の株式収縮率 を経験しており、これは年間500億ドル近くの未報告在庫を加算しています。

在庫の調整は、不一致の根本原因を特定し、これらの財務上の損失を防止するのに役立ちます。不正確な原因を特定することで、管理は追跡手順を改善し、効果的な在庫管理を確保するための適切な措置を講じることができます。在庫調整の利点は次のとおりです。

  • 精度の向上- 物理的な循環カウントがデジタル記録と一致することを二重チェックすることで、選択した在庫管理戦略の有効性が確認されます。レコードに一貫性がない場合、在庫管理と保管方法についてさらに分析する必要性が高まります。
  • 効率の向上- 在庫の調整は、在庫棚卸の手動と自動の両方の方法を必要とするプロセスです。在庫追跡手順を在庫管理ソフトウェアと組み合わせると、在庫の取得が迅速かつ正確になり、従業員も少なくて済みます。
  • 一貫性のあるデータ- インベントリ調整を頻繁に実行することで、会社のインベントリ手順が一貫して信頼できるデータを提供できます。この情報により、企業は誤って過不足や在庫不足を避けることができます。
  • ビジネス機能の強化 効率的な追跡と一貫性のあるデータによって正確な在庫レベルを維持できる企業は、在庫問題を是正するのではなく、スムーズに機能し、拡張に集中することができます。

在庫調整のステップ

n a 6555

調整の調整在庫調整は、詳細および問題解決のスキルに注意する必要がある実践的なプロセスです。企業が矛盾を発見した場合、問題を解決するために、会社の株式番号と手順を深く掘り下げることは経営者の責任です。

インベントリを調整する一般的な5つの手順は次のとおりです
。1.実地棚卸の実行- 実地棚卸は、企業が手持っている在庫の正確な数です。企業は、指定されたトレーニングを受けたマネージャが実地棚卸を実施し、個々の記録がすべて一貫していることを確認するための時間を確保する必要があります。

2.デジタルレコードと物理在庫の比較- 物理カウントが検証されると、これらの結果は、システム内の在庫レコードと比較する必要があります。数字が相関しない場合、企業は株式収縮の可能性をすべて検討し、問題が再び発生しないように行動計画を立てる必要があります。

3.入荷および出荷のチェック 営業時間内に在庫調整を実施すると、入荷および出荷の追加の要因が生じる場合があります。これにより、在庫の不一致が考慮され、デジタル在庫記録を調整することで修正できます。また、経営陣は、以前の株式調整を参照して、過去からの同様の不一致の問題が発生しているかどうかを確認する必要があります。

4.不一致を特定し、対応計画を作成し、レコードを更新する- 不一致が検出されると、経営陣は不正確さを説明する調整ステートメントを作成し、在庫管理ソフトウェアと同様に以前の在庫レコードを更新する必要があります。次に、将来のインシデントを防ぐために、新しい標準運用手順 (SOP) の実装に注力する必要があります。

5.調整プロセスを頻繁に繰り返す- プロセスが定期的に実行されない場合、在庫調整のメリットは失われます。在庫調整の一貫したスケジュールを維持することで、データの正確性が向上し、在庫コストが削減されます。

自動循環棚卸

n a 6556

手動在庫調整は、企業が業務を停止し、訓練を受けた在庫マネージャに対する支出を計画する必要があるため、困難な作業のように思える場合があります。

ただし、自動循環棚卸を実装すると、プロセスを小口在庫グループに分割し、各在庫を長期間にわたってカウントすることで、業務を継続できます。自動サイクルカウントは、在庫管理ソフトウェア、バーコードスキャナ、POSシステムに統合できます。これらのプロセスを一緒に、すべての注文、出荷、トランザクションが発生したときに記録することにより、永続的な在庫数を与えます。

さらに、スプレッドシートや手動在庫管理システムをソフトウェアに置き換えることで、人為的エラーにさらされるリスクを制限することで、データの精度を向上させることができます。ソフトウェアを実装すると、リアルタイムの情報を提供するため、精度が向上します。頻繁に自動化されたサイクルカウントとソフトウェアを組み合わせることで、在庫管理ミスや、在庫切れによる出荷遅延などの将来の事故を防ぐことができます。

循環棚卸にはいくつかの方法があり、これらはすべて、品目にバーコードを割り当て、スキャナーを在庫ソフトウェアにリンクすることで自動化できます。自動循環棚卸の選択は、すべての企業に固有であり、販売動向によって異なります。循環棚卸の一般的なタイプは次のとおりです。

ABC法パレート原理

とも呼ばれ、ABC法は在庫を3つのグループに分解します。グループAはトップセラーの20%アイテムで構成され、グループBは利益価値の中間60%を構成するアイテムで構成され、グループCは残りの20%を表します。

この方法では、最高性能の製品に優先順位を付け、グループAとBに該当するアイテムを頻繁にカウントし、分析可能な大量の在庫データを提供します。この方法が実行される頻度が高いため、アイテムの収縮が大幅に減少し、盗難を防止します。

季節的手

法プライムセールの季節に重点を置くため、季節ごとの品目や需要の変動を経験する事業者が主に利用します。シーズン中に高い売上の傾向を経験するアイテムは、管理が在庫変動にアクセスできるように、この期間中にグループ化およびカウントされます。在庫注文と顧客トランザクションのレベルが増加すると、品目の在庫データが流入し、管理が矛盾を監視しやすくなります。

ビジネスの拡大が始まると、それに応じて在庫を増やすことが優先されるはずです。在庫の調整に時間を割くと、確立された在庫手順の品質チェックが提供され、データの不正確さがマネージャーに警告されます。

この情報を使用して、マネージャは、機能と拡張を促進するために、どの在庫管理プログラムを進めるべきかについて、情報に基づいた意思決定を行うことができます。効率的な在庫管理システムを構築することで、在庫の不正管理を是正する支出と時間を削減できます。